育て方に注意しないと病気になる可能性も!トマトの特徴を理解しよう

美味しいトマトの育て方~収穫時期も見逃さないように注意~

育て方に注意しないと病気になる可能性も!トマトの特徴を理解しよう

園芸

トマトを育てる際の注意点

気軽に栽培できるトマトですが、さまざまな病気にかかりやすいことに注意しておく必要があります。トマトと言えば水分が多いほど甘みがあるイメージですが、湿度の高い環境での生育を続けると「灰色かび病」という病気にかかります。また、専業農家でも完全に防ぎきることが難しい「黄化葉巻病」にかかると、株全体が黄色に変色してしまいます。生育環境を整えることが、さまざまな病気にかかりづらいトマトの育て方と言えるでしょう。

苗

失敗しない育て方のコツ

おいしいトマトを収穫するために大切なことは、種まきのタイミングと生育環境です。夏野菜の代表格であるトマトは、やはり夏に収穫することで最もおいしい実になります。4月から5月に種をまくことで、夏本番においしい実がなりやすくなります。生育環境の配慮として、与える水分量や頻度を一定に保つことを意識しましょう。一定量の水分を一定の頻度で与えなければ、実が裂けやすくなってしまいます。水分量や頻度を管理して、味も見た目も良いトマトを育てましょう。

ミニトマトと通常のトマトの育て方の違い

摘果をしましょう

せっかくの収穫に、出来の悪い実がいくつもあっても困ってしまいます。通常のトマトはミニトマトと違い、一度に何個も良い実ができるわけではありません。1個1個の実をおいしいものにするために、通常のトマトは小さい実や形の悪い実を摘み取り、実の数を制限しましょう。

収穫のタイミング

通常のトマトもミニトマトも、開花後60日程度が収穫の目安と言われています。ここで注意しておきたいのは、ミニトマトは収穫のタイミングが遅れると実が落ちたり割れたりしやすいことです。ミニトマトの収穫にはタイミングを特に大切にしましょう。

広告募集中