トマトの育て方のポイントとは?温度管理や時期も考慮するべき

育て方に注意して収穫までたどり着こう~トマトの特性も確認~

トマトの育て方のポイントとは?温度管理や時期も考慮するべき

園芸用品

トマトを育て始めるのに最適なシーズン

夏野菜として代表的なトマトは、やはり夏に収穫できるように育てることでおいしい実をいくつも手に入れることができます。家庭菜園でトマトを育てる際は、3月半ばに種をまいて育苗するのがベストと言えるでしょう。その後、5月に入ってから植え付けを行うことで、7月ごろからの収穫が期待できます。いずれの工程も、冬を避けていることを覚えておきましょう。おいしいトマトを育てるために、各工程の最適なシーズンを覚えておきましょう。

苗

暑さに強く寒さに弱いトマト

夏真っ盛りにつやのある赤色が輝くトマトのイメージ通り、トマトは暑さに強いという特徴を持っています。そのため、8月にもどんどん実を実らせ、おいしい大粒のトマトを収穫することができます。一方で寒さには非常に弱く、10℃を下回ると生長が緩やかになり、5℃を下回ると生長が完全にストップしてしまいます。氷点下の日に屋外で野ざらしでいようものなら枯れてしまいます。生育環境に特に気を使った育て方をしていく必要がある野菜です。

通常のトマトとフルーツトマトの違い

さまざまな用途で使われています

通常のトマトはさまざまな食品に用いられており、意識しなくても口にしていることが多いはずです。例えば、ケチャップやカレーの材料として使われているので、原形を見ることはなくても毎週のように食べている人も多いでしょう。

その名の通りのフルーツトマト

一口噛むと、野菜とは思えないほどの甘さが口いっぱいに広がるのがフルーツトマトです。その特徴はなんといってもフルーツのような甘味です。野菜特有の苦みが苦手な人でも食べやすい、フルーツ感覚のトマトです。

広告募集中