機能性の高い家を頼めるのが魅力的|デザイン住宅の特徴とは

住居

オーダーメード住宅

積み木

自由な設計を活かした住宅

均一である程度決められてる規格の中から住宅を造るのがハウスメーカーによる住宅造りですがデザイン住宅はそれとは正反対の造り方といえます。デザイン住宅は建築家に設計依頼しゼロから土地に住宅を立てていきます。ですので、そういった意味で建築家による住宅造りはオーダーメードの住宅づくりといえるでしょう。デザイン住宅を作る上で何より特長となるのが設計の自由度でしょう。というのも建築家は設計依頼を受けると土地に合わせてゼロから設計を行います。そのときに、法令等を遵守すれば特に制限になることはないのでそのデザインはもちろんのこと室内の間取等に関しても自由に設計することができます。すると建主はその土地に合わせて住みやすい室内を作ることができるのです。この外観デザインに限らず居住空間を自由に設計できることがデザイン住宅の醍醐味といえるでしょう。そんなデザイン住宅の費用はハウスメーカー等で作る一般的な住宅と比べるとケースによっては安くなるようです。具体的には一般住宅の坪単価は約50万前後になりますがデザイン住宅は約37〜48万程になります。これは、普通にいくと建築家に依頼して建てるよりハウスメーカー等で造った方が安くなるのですが、特殊な土地を安く買って建てるため費用を抑えることができるのです。ですので、デザイン住宅を造るために変形地などの特殊な土地を購入して建てるのは賢いやり方といえます。ただし、ハウスメーカーと違って建築家は設計を終えた段階で初めて工事費がわかるのでその点は注意しておきましょう。