機能性の高い家を頼めるのが魅力的|デザイン住宅の特徴とは

積み木

見た目だけではない機能性

一軒家

見た目のカッコ良さだけがデザイン住宅ではありません。コスパと住みやすさ、それにデザインを取り入れたのが真のデザイン住宅です。そのためにも、無料の相談会に足を運び勉強し、多くの設計士と出会うことが大切です。自分たちと気の合う設計士との出会いが、一生もののデザイン住宅を手に入れることへとつながります。

オーダーメード住宅

積み木

規格化された中から住宅作りを依頼するハウスメーカーにたいして建築家によるデザイン住宅はオーダーメードな住宅造りといえます。自由な設計を活かしデザインだけでなく快適な住まいを安く賢く建てる、そんな醍醐味がデザイン住宅にあるようです。

見分けるポイント

家族

良いデザイン住宅を立てるためにも専門業者を見分けるポイントは重要になってきます。ですので、相手とのコミュニケーションが円滑に取れること、純粋な住宅としての設計能力を十分に持っていること。この二点は良い専門業者を選ぶ上で重要になってくるでしょう。

センスのよい家

住宅模型

オシャレで憧れの家

人はだれでも住みよく居心地の良い家で暮らしたい、毎日を過ごしたいと思っているものである。だからこそデザイン住宅は家を購入する人にとって憧れでもあり、つねに人気を集め続けている存在でもあるのだ。機能性自体はデザイン住宅も一般の住宅もそれほど違いはないことがほとんどだが、やはりデザイン性については非常に大きな違いがある。基本的にはコンセプトを元にデザイナーがデザインした住宅のことをデザイン住宅と呼ぶ。そのため、統一感があり、外観はもちろん、家に入ってみるとオシャレさとセンスの良さが感じられる。デザイン住宅の中には、生活感を感じさせない・非日常を演出するために、見えない収納や隠れた部分に棚を設けるなどの工夫が施されていることがある。そのため、設置されている収納や棚に物をしまえば、十分家が洗練された雰囲気に見えるというような利点があるだろう。基本的には部屋を壁で細かく区切るようなことをしないというのもデザイン住宅の魅力である。広々とした部屋は開放感を感じられ、風の通り道もできるため、実際に住む際にも湿気を逃して温度を調節しやすく住みやすい。そして、全体のテーマが統一されていることから、家の中に配置する家具や家電を決めやすいというのもデザイン住宅ならではといえるだろう。モダン・北欧・カフェ風など家の雰囲気はさまざまである。家具や家電によって部屋の印象は大きく変わってしまうが、事前にテーマが決まっているデザイン住宅なら、小物やファブリックのカラーなども簡単に決められるのではないだろうか。